【推しの子】ネタバレとみんなの感想・見所紹介 その3

こんにちは、チェリーボーイ22です。今回は独自に僕が、色々な方に【推しの子】の感想を調査してきた結果発表のパート3です。僕と同じように最初は警戒?しつつ読んだ方もいるようですね。しかし、概ねいい意味で予想を裏切られたという感想が多いように感じます。僕もそう感じた一人。

 

それでは今回も早速いってみましょう!!

 

【推しの子】を読んだみんなの感想を紹介!

 

 

【久しぶりに読んでいて楽しいと感じた漫画】

漫画「推しの子」は、週刊ヤングジャンプで連載されている漫画で、今までに読んだ漫画の中でもトップクラスに入るほどの「面白い内容になっているな」と感じました。

まず、漫画「推しの子」の原作担当は、「かぐや様は告らせたい」を担当していた「赤坂アカ」さんです。個人的には「かぐや様は告らせたい」も非常に好きな作品で、漫画「推しの子」も赤坂アカさんが担当しているということで期待していました。

漫画「推しの子」は、「推しの子」として生まれ変わった主人公とその双子の妹が、母親(推し)のように芸能界でトップの存在になるように目指していくストーリーです。自分が面白いと感じた要素としては、「芸能界の闇を色濃く描かれている」ところです。

「アイドルの闇」や「ファンの闇」、「それらを操る何らかの闇」など芸能界に関わる様々な闇が描かれていて、とても面白い、インパクトのある内容になっているなと読んでいて感じました。漫画を読んでいて「楽しい」と思ったのも久しぶりでした。

先の読めない展開も面白いですし、画力で魅せてくれるところも気に入りました。漫画「推しの子」は、先を読めば読むほどハマっていく漫画になっているなと感じました。

 

 

自分が好きな【推しの子】を気に入ってくれて嬉しいです。僕が描いたわけじゃないんですけど(笑)なんでしょう、この心理。自分が好きなものを好きになってくれる人を好きになる感じ。

ここで書いていただいたように、アイドルの世界~芸能界の闇がリアリティをもって描かれているあたり、この作品をワンランク上のモノにしている要因ですね。この感想をみて発見でした。

 

 

【課金してでも読みたい「推しの子」】

今まで私が読んだことがないジャンルの漫画だったので、興味を持って読んでみました。久しぶりに漫画を読みたいなと思っていて、推しの子の表紙が可愛らしい女の子のキャラクターで、それが、私の好みだったのでこの漫画を読むことにしました。

 

最初に感じたのは、絵がとても可愛いことです。タイトルからして、アイドルの話だろうと思っていたのですが、読み進めると結構、奥深い話でどんどん引き込まれていきました。最初は、プロローグがとても長いなと、ちょっとうんざりしたこともありましたが、ある時点から話がテンポよく進むようになり、次の展開が楽しみで、読み始めると止まらなくなってしまったほどです。

 

登場キャラクターが、美形であることと、目力があることも魅力でした。インタビューの話が意味深げで、最初は意味がわからなかったところもあったのですが、その先を読むと「そういうことか」と分かって、何度でも読み返したくなるような漫画です。

 

てっきり、アイドルとそのファンのありきたりなストーリーかと思っていましたが、転生やミステリーなどの要素が描かれていてとても面白かったです。電子書籍になっているのですが、課金してでも読み続けたい漫画だと思います。

 

 

この感想と同じ思いを持ってましたね、、アイドルとファンのありきたりな漫画だろ?って。そこでありがちな転生モノときたら、、思わず避ける人もいるでしょう。。それを防止し、【推しの子】を布教していくのが、僕の使命だと思えてきました。読めば分かる、読めば分かるから!!

 

⇒みんなの感想・見所紹介 その4はコチラ

⇒トップページに戻る