【推しの子】第2話 ネタバレ無料【アイが芸能界復帰!そして双子の子供たち】

こんにちは、チェリーボーイ22です。第1話で、この物語が転生モノであることが明らかになりました。そして、アイのこれからの活躍と双子の子供たちの生活に話題は移っていきます。この早い展開、いいですね。勿体ぶらない感じというか、細かいことは気にしない感じが(笑)

 

 

アイの天性の才能と、それに惚れ込んだ人々、彼女を愛する人々の気持ちが印象的に描かれています。こんなに多くの人の思いを背負って、輝くのがアイドルってやつなんだなあ、、と気づいたりできますよ。僕も推しのアイドル探そうかな。。

 

 

【推しの子】第2話のネタバレと感想

何者かに襲われて、気が付いたら殺されていたゴロー医師。彼は憧れの推しアイドル、アイの息子として生まれ変わっていました。双子の兄妹の兄として。こんな超常現象に巻き込まれてしまったら、もう考えても仕方ない。。なんでこうなったか、考えるのをゴローは早々に放棄。アイの息子として、赤ちゃんライフをエンジョイすることに切り替えたのでした。

 

彼の新しい名は愛久愛海(アクアマリン)、通称アクア。すげえ名前を付けられてしまいました。。前世の記憶、大人の記憶をもったままの赤ちゃんライフ。果たしてどうなることやら?!

 

アイは予告通り、子供の存在を隠したままアイドルとして仕事に復帰します。その前に現れる多くの芸能関係者たち。大人たちの思惑が交錯し、嘘と打算で塗り固められたような世界です。お偉いさんは金と数字にしか興味がない、、それも現実。そんな世界で生き残ろうと、正面から挑むアイ。

 

‘アイはマジモンの嘘吐き(こう書いてアイドルと読む)だぞ、、!!’

 

苺プロダクションの斉藤壱護社長は言い放ちます。アイの才能に惚れ込んだ社長は、改めて彼女とともに心中する覚悟を胸にするのでした。アイは多くの人たちを知らず知らずに魅了していきます。社長やスタッフ、ファンを巻き込んでいくオーラを持っているのが彼女なのです!

 

それは双子の子供たちも同じでした。前世でもアイのファンだった二人。ゴローは勿論のこと、妹のルビーもまた、誰かの生まれ変わりなのです。そして彼女は本物のアイドルオタ。そしてアイをダントツで推しています。

 

こんなおかしな双子の面倒を見る羽目になったのは斉藤社長のご婦人、斉藤ミヤコ。ベビーシッターなんてすることになるとは予想もしなかった彼女は不満だらけ!この状況の中でこの双子は、アイの子供であることを隠しながら、そして自分たちが大人の記憶を持っていることも隠しながら生きていけるのでしょうか、、?!

 

とりあえずもうしばらくは、平和な赤ちゃんライフをエンジョイできそうな二人ではありますが、、この平和が束の間のものであることは知る由もありませんでした。。

 

⇒【推しの子】第3話のネタバレ・あらすじ解説はコチラ

⇒トップページに戻る