【推しの子】ネタバレとみんなの感想・見所紹介 その9

こんにちは、チェリーボーイ22です。今回は2/19に配信開始された、【推しの子】第3巻を読んだみんなの感想を、世界最速でお届けしていくこのコーナー!回を重ねて遂に第4回です。

 

なんとなく面白かった、とかだけではなく、時事ネタも問題提起もあって、そこを考察するのも楽しいですよね。

【推しの子】を読んだみんなの感想を紹介!

 

最初は表紙の絵が可愛くてよくあるアイドル成長物語かな?と思っていたんですが、実際は主人公のアクアがあらゆる手段を使って母の死に関する情報を集めるミステリー物で毎週続きが気になります。

 

特に主人公のアクアが出演しているドラマ「今日は甘口で」や恋愛リアリティーショー「今からガチ恋始めます」ではどうすれば自分の欲しい情報が手に入るか?誰から情報を聞きだせば良いか?について徹底的に考えて行動しており、アクアの母の死に対する執念を感じることができます。

 

ただ恋リアでは今まで母の死に関する情報収集をするために徹底的に私情を捨てていたアクアが母そっくりの雰囲気をまとった黒川あかねに赤面するなど、大人びていておとなしい印象のアクアの高校生らしい表情も見ることができてギャップにキュンとしてしまいます。

 

個人的に一番注目してほしいのは有馬かなちゃんです。彼女は元天才子役で高校生である現在も芸能活動を続けていますが、何をしてもかつてのように売れず、それでも努力を続けています。

 

今自分が置かれている現状に対して冷静な目で自分を俯瞰しつつも夢を諦めずに努力し続ける姿勢に読んでいるだけで涙が出てきます。

 

また主人公のアクアに片想い?をしているのですがその思いも上手く伝えることもできず、アクアが出演している恋愛リアリティーショーで別の女性とカップルになってしまったこともあり、いい感じに思いをこじらせています。

 

有馬かなちゃんが夢を叶えて大成できるのか、アクアと付き合うことができるのか今後の展開に注目です。

 

まず生まれ変わってアイドルの推しの子供に生まれ変わるという展開が衝撃的でした。主人公が殺されたところにはサスペンス感を感じたものの、生まれ変わってから成長するまではギャグ要素が多く、「かぐや様は告らせたい」と同じ作者であることを知り、納得しました。

 

しかし、主人公の推しであり親でもあるアイが殺されてから、サスペンス味が強くなり、一層引き込まれました。タイトルと主人公の設定からギャグ漫画だと思い込んでいたこともあり、そこから主人公が復讐を目指す展開に意外性を感じました。

 

主人公の目的は、アイが殺した本当の犯人と、自分の父親を探すことで、それを軸にしてこの物語は進んでいます。主人公の中身は立派な大人ですが、表面上はまだ学生で、見た目と中身の違いがあります。

主人公は見た目が子供であることを使って自分の父親の情報を手に入れようとするところが、この漫画の見どころだと思います。また、芸能界に関わり物語が進んでいく中で、個性豊かなキャラクターがたくさん登場するのも見どころです。

 

私はその中でも有馬かなというキャラクターが好きです。このキャラクターは子役時代に売れていたが、次第に人気も薄れてしまった今、主人公に勧められアイドルになりました。主人公に恋をしている様子が豊かに表現されていて、とても魅力的です。

 

私の印象に残ったシーンは、ドラマのシーンに対する出演者への誹謗中傷により、出演者が自殺を図ったシーンです。現実にも同じ事件が起きてたたので、とても胸が痛くなりました。

 

有馬かなちゃん推しの読者の方、実に多いですね!子役として成功してから、日の目を見ず、、しかしずっと役者として努力を続けている姿に心打たれてしまいますよね。

 

⇒みんなの感想・見所紹介 その10はコチラ

⇒トップページに戻る