【推しの子】第16話 ネタバレ無料【アクアと有馬かなの共演ドラマの行方は?】

こんにちは、チェリーボーイ22です。最近の有馬かなちゃんの活躍は目覚ましいですねえ。キャラクターも確立しているし、魅力的で読者に愛される要素満載だし。アクアとルビーを食ってしまうくらいの勢いを感じます。

 

 

個人的には是非とも、この【推しの子】はアニメ化して頂きたいですね。声優さんたちが演じる動くアクアたちを見てみたくないですか?みんなで応援しましょう!!

 

【推しの子】第16話のネタバレと感想

アクアは決意を新たに、ドラマ「今日は甘口で」の撮影に臨みます。なんせ予算も時間もないドラマなので、練習は1回きりでいきなり本番というスタイルです。有馬かなとアクアが話しているところへフラッと現れた男。

 

彼こそはこのドラマの主演、青野カナタ役の鳴嶋メルトです。挨拶するアクアを華麗にスルーしてしまったメルト。ちょっとムッとするアクアでしたが、

「トントン拍子に売れてきた子にはよくあることだから、、」

と有馬かなは長年の現場経験から出る、含蓄ある言葉を口にします。

 

そしてアクアの前に現れる、鏑木勝也P。彼こそがアイの死の真相に関わっているかもしれない人物です。彼の毛髪の一本でも持って帰れば遺伝子検査に出せる、、!アクアの一番の目的はこれです。

 

でもそれだけではありません。アクアは有馬かなを放っておけないのです。10年ぶりの座長という大役を引き受けている有馬かな。子役時代こそ天才と言われちやほやされた彼女も、長い長い闇のような下積み時代が続いていたのです。

 

その中であがいて、もがいて、悩んで悩んで、、それでも役者を続けてきて、、その努力がやっと評価されてこの場に立つことができている。だから私はいい仕事をしなきゃいけないんだ!自分の演技でこの作品を少しでもいいものにしたいんだ!!

 

有馬かなは、本当に努力家で、役者という仕事に真剣な女の子なのでした。

 

しかし鏑木Pは、役者としての有馬かなの能力を買って、このドラマに起用したのではなかった、、アクアは立ち話を聞いていて、そのことを知ってしまいます。いわゆる芸能界の大人の事情というやつです。。

 

有馬かなという子役時代に売った名前だけは浸透してるから、使いやすい、それだけ。鏑木Pは冷たく言い放ちます。実力が評価された!と喜ぶ有馬かなの笑顔を思い出して、苛立つアクア。

「実力を評価なんてされてないじゃないかよ、、!!」

 

アクアはその苛立ちを、ドラマの演技にぶつけようとしていました。大人たちの思い通りになってたまるか、、!!

アクアと有馬かなは、このドラマでどんな演技を見せてくれるのでしょうか?!そしてこの「今日は甘口で」はいい作品に仕上がるのでしょうか?!

 

⇒【推しの子】第17話のネタバレ・あらすじ解説はコチラ

⇒トップページに戻る